マンションリフォームで気をつけること

マンションリフォームで気をつけること

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。

只今、マンションのお客様宅でマンションリフォームが進行中です。
本日はマンションリフォームの注意点を書いていきます。

ところで、何年間もずっとマンションに住んでいると、飽きてきませんか?
しかし、マンションは非常に高い買い物です。

飽きたからといって違うマンションに簡単に変えることはできないでしょう。

そこで、最近はマンションリフォームというものが人気です。
しかし、マンションリフォームをするにあたっては気をつけなければいけないことがあります。

それを知っていないと、管理人ともめることになったり、面倒な問題に発展したりすることもあります。
なので、今回はそんなマンションリフォームをする際の注意点についてご紹介します。

マンションリフォームをする際の注意点

まず、マンションは個人の一戸建てとは違い、勝手にリフォームしてはいけないところがいくつかあります。
これはマンションによって決められていることなので、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

そうやってまず、リフォームできる範囲を把握しておきましょう。

多くのマンションでは、リフォームできる範囲は個人の「専有部分」に限られていて、「共有部分」「専用使用部分」はリフォームできません。
ちなみに、「専用使用部分」とは、ベランダ・玄関扉・サッシなどの、普段住居人が専用に使用している共有部分のことを言います。

「共有部分」は、その名前の通り、他の住民と共有している部分のことです。
たとえば、マンションの通路などの部分ですね。

他にも、使ってはいけない材料があったり、工事のやり方がマンションの管理規約によって決められていたりすることもありますので注意しましょう。
また、分電盤の容量やガス給湯器の大きさの上限が決められていることもあります。

つまり、マンションによって様々な厳しい規則が決められているので、しっかりとリフォームをする前にマンションの管理者や管理組合に確認をとる必要があるのです。

以上がマンションリフォームをする上で気をつけるべきことでした。
もし、何も知らずにリフォームしてしまうとトラブルのもとになってしまう可能性もおおいにあります。
そのため、しっかりと気をつけるべきことを知り、そして守り、気持ちよくリフォームをしましょう。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    Announcement: 記事一覧

  2. 公共工事の請負契約について「参考資料にご覧ください」※約款一部抜粋

  3. 上手に作る収納コーナーの作り方って?

  4. 工事後の保証について解説!

  5. 和室の内装を和モダンにしませんか!?長野市のしろくまペイント

  6. 窓リフォームで快適に・長野市のしろくまペイント