おしゃれな部屋の作り方―ナチュラル系・北欧系―

おしゃれな部屋の作り方―ナチュラル系・北欧系―

おしゃれな部屋の作り方―ナチュラル系・北欧系―

■ 部屋をおしゃれにしたくありませんか!?

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。
本日は、お部屋作り方についてです。

おしゃれな部屋を作るためには、部屋の中の色使い、家具の選定、それぞれにおける素材の選び方、モノの配置としての空間の使い方が重要になってきます。

しかし、どこから始めたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は簡単に部屋をおしゃれな空間にすることができる。
3つのポイントについてご紹介したいと思います。

上は薄く、下は濃い色を!

■ 色使いも大切

おしゃれな部屋を作るためには、色の使い方はとても重要です。
ただその前に、一般的な色や素材による一般的な雰囲気の作り出し方をご紹介したいと思います。

まず色に関して、色は雰囲気を作るだけではなく、使い方によっては部屋を広く見せることも可能です。
具体的には、天上、壁、床の順に色のグラデーションを濃くしていくと、天上を高く感じることができるようになり、部屋全体を広く見せることができます。

 

そのうえで、部屋の色のテイストを選ぶ際には、床や壁など、元々部屋にある色を基にコーディネートをしていくとまとまった印象になります。
具体的には、家具の脚の色と床の色を合わせたり、壁の色に合わせてカーテンの色を決めたりすることなどです。

ここまで考えることによって、作り出したい部屋の雰囲気と、部屋の統一感を両立することができます。

ナチュラル系

■ どんな部屋にしたいか決めましょう

ナチュラル系の色の使い方は、基本的には天然素材の布生地を選び、白木などの期の質感を加えることがポイントです。
色の全体の使い方としては、白やアイボリー、ベージュなど優しい色を中心にまとめることがポイントです。

ナチュラル系の部屋では、シンプルで素朴ながらも、落ち着いた空間を演出してくれます。
部屋の雰囲気も優しいものになるため、来客してくれる人にも安らぎを与えられる部屋になります。

北欧系

■ 北欧系にするポイントとは!?

北欧系のデザインは、基本的にナチュラル系のものと似ています。
天然素材の布生地と、シンプルな家具、優しい色を使うことによって北欧風の柔らかい雰囲気を作り出すことができます。

また北欧系の雰囲気を作るポイントとしては、家具やクッションのところどころにグラフィカルなデザインを取り入れることです。

現代芸術によくある、抽象画のようなデザインのものなどをところどころに組み込むことによって、その人の個性もにじみ出る、優しい雰囲気の部屋になります。
ちょっとシンプルだけじゃ物足りない。
そんな人に挑戦してみてほしいお部屋のスタイルです。

以上に述べたように、おしゃれな部屋の雰囲気を作るためには、色の使い方が重要です。
また同時に部屋の空間としても、配置やモノの素材によって、大きく部屋の印象を変えることができます。

いきなり部屋の全てを変えることは難しいかもしれませんが、まずはクッションや、照明などから、少しずつ雰囲気を変えていくことによって、理想の空間に繋がっていきます。
次回は、モダンテイストとヴィンテージスタイルの部屋の作り方についてご紹介したいと思います。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    Announcement: 記事一覧

  2. ワンランク上のプレミアムな極上の仕上がり!!『キクスイロイヤルセレクション』

  3. 4フッ化フッ素樹脂ハイブリッド高耐候性で強靱な塗膜に!『キクスイSPパワーフッ素』

  4. キッチン周りの床材・何にする!?フローリングをおすすめしない理由とは!

    キッチン周りの床材・何にする!?フローリングをおすすめしない理由とは!

  5. 洗濯物の部屋干し用アイテム!ホスクリーンの実力とは!!

    洗濯物の部屋干し用アイテム!ホスクリーンの実力とは!!

  6. ペットにとってフローリングの滑りはなぜ危険!?改善できる方法とは

    ペットにとってフローリングの滑りはなぜ危険!?改善できる方法とは