ブログ

中古住宅の需要が広がりを見せていますが、課題も理解しましょう(段差について)

中古住宅段差について

中古住宅の課題について

床下換気口

段差がどのくらいあるかも確認しましょう

~あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで
こんにちは。
長野の地域密着塗装店しろくまペイントのダイです
日本の住宅は木造建築が一般的ですが、それだと床面に段差ができやすいという特徴があります。

古い住宅の段差について

段差例2

防湿土間コンクリートの場合は例外で、床の高さは特に規定はありません

木造の場合、建築基準法で1階の居室の床の高さは、直下の地盤面から450㎜以上なければならないとされています。
日本は湿度が高いので、床下の通風を確保して土台や床などの腐食や害虫被害をできるだけ防ぐためいうのがその理由になります。
この規定のために、玄関の敷居や上がり框にどうしても大きな段差を付けざるを得なくなります。
また室内においても、お風呂場と脱衣所の間や和室とリビング、廊下等との間、ふすまの敷居などにも段差が多く存在しています。

高齢者に配慮した段差にしましょう

段差例

縁が高い浴槽は、入浴する時の障害になる場合もあります

上記に書いたような段差は若くて健康的であればほとんど気になりませんが、高齢者や障がい者の生活には大きな悪影響を与えることになります。
また、段差ではありませんが、日本式の浴槽は縁が高く、入浴する時に足を高く上げてまたがなければならないので、多くの高齢者や障がい者の自立入浴を困難にする大きな原因となっています。

リフォーム・塗装対応地域について

火災保険申請!補助金利用アドバイス!0円リフォームの提案ならしろくまペイント!!

内装リフォームもしろくまペイントへ 長野市近郊及び・須坂市・中野市・千曲市・高山村のリフォームや塗装工事お任せください。 尚、塗装やリフォームについての対応地域は長野県東北信地域・中信地域となります。野沢温泉村・飯山市・木島平村・栄村・山ノ内町・高山村・中野市・飯綱町・信濃町・須坂市・小布施町・小川村・小谷村・白馬村・長野市・千曲市・大町市・麻績村・坂城町・生坂村・池田町・松川村・安曇野市・松本市・青木村・上田市・東御市・小諸市・御代田町・軽井沢町・佐久市となります。

【えっ!リフォームも塗り替えも!0円リフォーム資料提供中!!!】

現金負担0円でリフォームできます

塗装とリフォームのことならお気軽にお問合せ下さい

お名前 (必須)
 

郵便番号 (必須)

ご住所 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

電話番号(必須)
 

お問合せ内容(必須)
 資料請求無料塗装診断塗装についてのご相談その他お問合せ

お問合せ詳細(ご相談内容、お問合せ内容など)