ブログ

日本でアスファルトが使われ始めたのはいつ?番号や区線の塗装もお任せください

アスファルトのライン引きお任せください

日本でアスファルト舗装が始まったのは?

日本でアスファルトが使われ始めた

普段、何気に利用しているアスファルトですが、アスファルトにも歴史があります

普段気に留める事もなくそれが当たり前の様にあり、当たり前の様に交通を結ぶものになっている道路。
通行する道路によっては砂利の所もあるかもしれませんが、大多数がアスファルトにて舗装されているため、ストレス等を感じることなく走行できていると思います。
道路が舗装されている様になったのは、東京に初めて自動車が登場した明治36年ごろとされておりそれまでは敷石等で舗装されているに過ぎなかったといいます。
また大正時代にはいってから、アスファルト舗装による道路作りが本格的に始まったと言います。

より安全性を高める舗装技術

日本でアスファルトが使われ始めた2

アスファルト舗装も進化しています。

今では、舗装の技術が発達しています。路面下に雨水を浸透させる舗装等の技術が導入されており、この舗装の特徴として雨天走行時の安全性を高めるだけでなく、道路交通騒音を減少させる効果があるみたいです。時期によっては道路工事をしていて渋滞に巻き込まれたりしてイライラすることもあるかもしれません。しかしながら、道路を新たに舗装することによって雨や雪によるスリップ事故が減少したり夜間でも道路に書いてある標識が更に見やすくなるなどのメリットが生まれてくると思いますので車を運転する人にとってはいいのではないでしょうか?

駐車場ライン引きもお任せください

日本でアスファルトが使われ始めた3

しろくまペイントでは駐車場ライン引きから、数字の塗装、標識の塗装まで承っています。

しろくまペイントでは、アスファルトの駐車場において、番号を振ったり区線(ライン)を描く仕事も行っています。

リフォーム・塗装対応地域について

火災保険申請!補助金利用アドバイス!0円リフォームの提案ならしろくまペイント!!

内装リフォームもしろくまペイントへ 長野市近郊及び・須坂市・中野市・千曲市・高山村のリフォームや塗装工事お任せください。 尚、塗装やリフォームについての対応地域は長野県東北信地域・中信地域となります。野沢温泉村・飯山市・木島平村・栄村・山ノ内町・高山村・中野市・飯綱町・信濃町・須坂市・小布施町・小川村・小谷村・白馬村・長野市・千曲市・大町市・麻績村・坂城町・生坂村・池田町・松川村・安曇野市・松本市・青木村・上田市・東御市・小諸市・御代田町・軽井沢町・佐久市となります。

【えっ!リフォームも塗り替えも!0円リフォーム資料提供中!!!】

現金負担0円でリフォームできます

塗装とリフォームのことならお気軽にお問合せ下さい

お名前 (必須)
 

郵便番号 (必須)

ご住所 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

電話番号(必須)
 

お問合せ内容(必須)
 資料請求無料塗装診断塗装についてのご相談その他お問合せ

お問合せ詳細(ご相談内容、お問合せ内容など)