建物を美しく保ち続けるリファインシリーズ

建物を美しく保ち続けるリファインシリーズ

リファイン
車通りの多い道路の付近、草木が多く茂っていて湿度の高い場所に住んでいると、排気ガスの汚れやコケや藻といった微生物の影響を受けやすいです。
それだけでなく、紫外線や雨の影響を受けやすいので耐候年数がどうしても短くなりがちです。
ご存知のように塗料にはウレタン・シリコン・フッ素・無機といった塗料のグレードがありますが、もしシリコン塗料でフッ素並みの耐候年数を出すことのできる塗料があったらどうでしょうか?
商品の名前はアステックペイントの超低汚染性リファインという2液のシリコン塗料ですが、最近ではフッ素も販売されたので塗料を検討しているお客様は悩む事でしょう。
今回はリファインシリコンについて説明いたします。

無機成分配合シリコン樹脂の特長

シリコン樹脂に置き成分を加える事で、高耐候性と超低汚染性を実現

特徴フッ素樹脂同等の「高耐候性」を実現した超低汚染リファインSi‐IR
リファインはシリコン樹脂に紫外線などの劣化要因に強いシロキサン結合(無機成分)を塗膜内に高濃度に配合することに成功。これにより、一般的なシリコン塗料をしのぐ「高耐候性」を実現しました。
さらに、シロキサン結合(無機成分)により
①塗膜の緻密性が高く汚れが付着しにくい
②親水性に優れているため、水になじみやすく、付着した汚れも洗い流される
という2つの効果を発揮。建物の美観を長期間保持する「超低汚染性」を実現しました。
高耐候性と低汚染性

硬度と柔軟性を兼ね備えた「コア・シェル構造」の採用により、樹脂が破壊されにくい

超低汚染リファインSi-IRのシリコン樹脂は、コア層とシェル層の2層からなる樹脂です。
コア層(核部分)は柔軟性を、シェル層(コアの周囲を覆う部分)は強じん性を有しているため、下地の動きなどにより樹脂に衝撃が加わっても、柔軟性に優れたコア層が衝撃を吸収します。
そのため、樹脂粒子が破壊されにくく、劣化の進行を抑える事ができます。
コア・シェル構造

超低汚染リファインの3つの特徴

汚れにくく、美観を長期間保つ

超低汚染性が実現できる訳

超低汚染性リファインSi-IRは塗膜の密度が高く、親水性(水になじみやすい性質)に富んだ塗膜を形成する塗料です。
塗膜の密度が高いため、汚れが定着しにくく、また付着した汚れもセルフクリーニング効果により雨水が洗い流すため、美観の長期間保持に貢献します。
比較
それだけでなく、上記にも書きましたがシロキサン結合(無機成分)を配合する事で、緻密化と親水化を実現する性能にあります。
特に緻密化技術については、シリコン樹脂とシロキサン結合の反応性が他塗料よりも高く、塗装後早期で緻密化を発現するため、塗装表面に汚れが入り込むのを防ぎます。
さらに、配合した無機成分は親水性に優れており、水になじみやすい塗膜を形成するため付着した汚れも雨に流されます。
この2つの性能の実現により、建物の美観を長期間保持する「超低汚染性」を発揮するのです。
超低汚染性

防カビ・防藻性に優れています

「JISZ2911かび抵抗性試験」および「藻抵抗性試験※社内試験による」に合格。
カビや藻の発生を抑制し、長期間美観を保持します。
カビ

大切な資産である家を永く守り続ける

高耐候性

高耐候性無機成分配合により、緻密かつ強靭な塗膜を形成します。塗料の最大の劣化原因である紫外線に対して、フッ素塗料同等の強い耐候性を発揮します。

高耐候性の秘密

ラジカル一般的な塗料の顔料の主成分である「酸化チタン」は紫外線の影響を受けてしまうと塗膜樹脂の劣化因子「ラジカル」を発生し、周囲の樹脂を破壊・劣化させてしまいます。
超低汚染リファインSi-IRはこのラジカルの発生を抑制する高耐候型白色顔料を使用しているので劣化を抑える事ができます。

優れた遮熱性が室内の温度上昇を抑え生活環境を快適にする

近赤外線太陽光の波長のうち温度上昇の原因となるのは近赤外線になります。
超低汚染リファインSi-IRは遮熱無機顔料の使用により、退色しにくく、近赤外線を効果的に反射する塗膜を形成し室内の温度上昇を抑え、生活環境の快適化に貢献します。
さらに、屋根用塗料超低汚染リファインSiーIRに使用される専用下塗り材にもこの遮熱無機顔料が使用されています。
上塗り材では反射しきれなかった近赤外線も下塗り材が反射するため、遮熱効果をより一層高めます。
遮熱性比較

一般的な遮熱塗料とリファインとの違い

一般遮熱塗料一般の遮熱塗料は経年とともに付着した汚れが熱を吸収するため、徐々に遮熱効果が低下していきます。
超低汚染リファインSi-IRは塗膜表面が汚れにくい超低汚染性を持つ塗料であるため、汚れによる熱の吸収を防ぎ、長期間経過しても、一般の遮熱塗料よりも遮熱性能を保持し続けます。

最後に

超低汚染性リファインは記載してある様にシリコン塗料でありながら、フッ素塗料並みの高い耐候性を持った塗料です。
外壁塗装では金額だけでなく使用する塗料のグレードが重要になってきます。
塗料のグレードを落とす事で施工金額も抑える事ができますが、塗料のグレードを落とすと耐候年数が短くなるので、必然的に塗り替えの回数は多くなります。
長い年月でみた場合、グレードの低い方が費用がかかってしまう事もあります。
初期費用が多少かかったとしてもグレードの高い塗料を選択する事が望ましいです。
一般的なシリコン塗料より少しだけ価格は高めですが、フッ素塗料と比べると価格面で抑えてあるので高い性能を求めている方にはおススメかもしれません。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 上手に作る収納コーナーの作り方って?

  2. 窓リフォームで快適に・長野市のしろくまペイント

  3. 家族の一員としてペットを飼うためのリフォーム②

  4. 塗り残し?どうやって防ぐ!?

  5. ガス温水床暖房のメリット・デメリットとは!?

  6. 防犯性能の高い建築部品を選ぶ際の基準となるCPマーク