身近なもので出来るお部屋の湿度対策とは!長野市のしろくまペイント

身近なもので出来るお部屋の湿度対策とは

身近なもので出来るお部屋の湿度対策とは!

分かっているようで分かっていないかも?機器の使用による湿度対策とエアコンにおける除湿機能

 ■ じめじめした季節、湿度対策はどうしてますか!?

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。

身近なものを用いて部屋全体の湿度を下げるためにはいくつかの方法があります
一つは、当たり前のことかもしれませんが、除湿使うことです


機械を
使うことに対して抵抗がないのであればこれはかなり有効的な方法であるといえるでしょう

機械といえば除湿機以外にも湿度対策できるものがあります

それが扇風機と換気扇を使うことです
これをダブル使うことによって部屋の中の空気循環を円滑に行うことができるようなります

湿度対策というのは端的にいってしまうと風通しいえるからです
ですから扇風機を使い換気扇などを用いて対策ができるわけです

やり方はそんなに難しいことではなく部屋の扉をすべてあけてから換気扇をつけるようにしましょう

扇風機と換気扇とはやや離して使うとよいです
こうすることによって部屋全体の湿度対策できるわけです



更にはエアコンのドライ機能なども効果的です
ドライ機能とは除湿器と同じくくらい効果が高い除湿機能になります

その除湿器と違うところとして発生した熱は室外機から排熱されていくことです
つまり機械熱は部屋に篭ることがないなっています

ここがエアコンのドライ機能を使うことの魅力であるといえるでしょう
また、室内床部と室内天井部では温度差が生まれていることはご存知ですか!?

暖かい空気は天井側に、冷たい空気は床側に溜ります。
空気に流れがなければ、同じ室内で温度ムラができるのです。

温度ムラができている室内では湿度も同様にムラになっている可能性があります。

クーラーをかけているにも係わらず、まとわりつくような暑さを感じることがあるのは、このためです。

ところで良く、お店などでプロペラのようなものが回っているのを見かけたことありませんか!?

シーリングファンと言いますが、空気を拡散して温度ムラを防ぐ役割があります。

空気を循環することにより温度ムラが無くなります。

新聞紙や炭!

極端な効果が期待できるわけではないのですが実は新聞紙をおいておくというのも効果があるとされています

新聞紙は湿度を吸収してくれるので下駄箱の中などに入れておくと効果的です

似たような効果があるものとしては炭などがあります
炭を湿気対策として様々なところにおいているご家庭は意外と多いです

靴の中に入れているという人も少なからずいるでしょう
これは湿り気を吸収してくれてその除臭効果も期待できますからとてもよいことであるといえるでしょう

但し炭は色が移り易いですから物上にダイレクトにおくようなことはしないことです
このように湿度対策は機械を用いることもありますし窓を開けたりするだけでも効果があります

新聞紙炭などを置くだけでも少なからず効果ありますから複数のものを試してみるとよいでしょう

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 上手に作る収納コーナーの作り方って?

  2. 窓リフォームで快適に・長野市のしろくまペイント

  3. 家族の一員としてペットを飼うためのリフォーム②

  4. ガス温水床暖房のメリット・デメリットとは!?

  5. 防犯性能の高い建築部品を選ぶ際の基準となるCPマーク

  6. コンクリートのはく離・剥落などを防ぐ予防保全とは!?