さまざまな場所や用途にあわせた『屋外用ホスクリーン』

ベランダに

腰壁用「洗濯物を見せたくない」という方には、腰壁への設置がおすすめです。
「もっと高い位置で使いたい」という方には、便利なポール上下式物干もあります。

腰壁用ホスクリーン上下式

たっぷり干したい、お日様にしっかり当てたい、という願いを叶えるために。

洗濯物を高い位置で干せるポールスライド機能を採用しました。
スムーズな操作で、お好みの高さに調整できます。
腰壁用上下式高さ調整から収納までを竿を挿したまま行えます。
収納すれば、壁面からの出っ張りを最小限に抑えられるので邪魔になりません。

腰壁用ホスクリーン

外から洗濯物を見られたくない、美観を損ないたくない…そんな願いを叶える腰壁用ホスクリーン。

もちろん、アームは角度調整が可能なので、天気の良い日は角度を上げて、洗濯物にしっかり日差しを当てることもできます。
腰壁用
アームの角度を2段階で調整することができます。また、収納すれば壁面からの出っ張りを最小限に抑えることができます。

竿の中心を持って操作すれば、左右のアームを同時に動かすことができます。
アームの角度を変えるたびに、ポールを外す手間がありません。

壁面に

窓壁用窓壁まわりが一番物干を設置しやすい場所。ロングベースタイプや固定タイプなど、幅広い選択肢から選べます。
アームの角度調整がより細かにできる型も。

窓壁用ホスクリーン

窓壁用掃き出し窓やスペースの狭いベランダの窓壁側に取付けるタイプ。
竿を掛けたまま角度の変更ができるので、最適な高さで物干しが行えます。
アームの角度を多段階で調整することができます。

また、使用しない時には、邪魔にならないように下向きに折りたたむことができます。

軒下に

軒天用洗濯物は、やっぱり風がよく通るところで充分に日光を当てたいもの。

それなら軒天用物干が最適です。
家の外観を損なわないスタイリッシュなデザインをラインアップしています。ワンタッチで高さ調整できる型も。

軒天用ホスクリーン

人目につきやすい軒天にこそ、スタイリッシュな物干しを…
そんなニーズに応え、これまでにないすっきりとスマートなデザインを実現。

きめ細かな長さ調整など、高い操作性も両立しました。
軒天用
アームを斜めにし日当たりや風通しを良くする型、傾斜のある軒天に対応している型等、様々なタイプがあります。

軒天用ホスクリーンスポット型

シンプルなデザインだからこそ際立つ、オールステンレスの美しいフォルムと質感。
使わないときにはポールを着脱することもでき、ベランダの美観を保つことができます。
軒天用スポット型
独自の内部構造で、揺れても抜け落ちません。
前後左右15°までの傾斜にも対応します。

ポールは風などで揺れても天井を傷めにくい、フリー可動設計です。

庭に

自立型他のホスクリーンシリーズとコーディネートしやすい自立型の物干。ロングアームでたっぷり干せて、布団を干しやすい位置に竿を掛けられる金具もついています。

自立型ホスクリーン

戸建住宅のお庭やマンションの専用庭などでの使用に適した物干です。
自立型
アームを斜めに設計したことで、内側の洗濯物にも効率良く日差しが当たり、風も通りやすくなっています。
重い布団を高く上げなくても済むように、掛けやすく、地面に接地しない高さ(地面から約1200mm)に竿掛け専用のフックを用意しました。

本製品には台座が付属されていません。ただし、ジョイント部は標準形状のため、市販の各種台座をご使用いただけます。

色々な用途に

フリーアームいろいろなシーンで、いろいろな用途に使える屋外用物掛けです。

屋外用物掛け金物フリーアーム

ベランダ、玄関、屋外水栓まわりなど、多用途に使える屋外用の物掛け金物です。
使わない時はすっきり収納できるので、邪魔にならず、場所も選びません。
フリーアーム
普段はアームを折りたたんで収納したり、散らかりやすい物を整理して掛けておける平行ポジション(左右)と、濡れた物を乾かしたり、洗濯物を干す際に洗濯かごを掛けるなど一時的な使い方をする場合に便利な垂直ポジションがあり、使いやすい便利な機能が満載です。

フックはアーム下に納まり、掛けた物の脱落を防止。また先端は丸みのある樹脂キャップなので安全です。

アームは強風などでは動きませんが、人が当たると折りたたまれることで身体と製品への衝撃を分散します。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 窓の工事で、断熱と省エネを実現

  2. 上手に作る収納コーナーの作り方って?

  3. 窓リフォームで快適に・長野市のしろくまペイント

  4. 家族の一員としてペットを飼うためのリフォーム②

  5. ガス温水床暖房のメリット・デメリットとは!?

  6. 防犯性能の高い建築部品を選ぶ際の基準となるCPマーク