鉄部の錆び!上からそのまま塗れる塗料ってあるの!?

錆びのようす

鉄部の錆び!上からそのまま塗れる塗料ってあるの!?

サビのようす

鉄部にサビが見受けられた場合、早急な処置が必要です

■ 鉄部の錆びについてのお話!

あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで~
みなさんおはようございます。
長野の地域密着塗装店しろくまペイントです。

本日はサビと表面処理の関係性についてお話ししたいと思います。

さて、金属ですが金属は錆びる材料ですよね。
そのために住宅に使われている建材(金属)のほとんどは、表面に処理がなされているのです。

下地に使われている素材においても表面処理が施されていることは例外ではありません。

日ごろ見慣れている錆びは赤いものだと思いますが、金属によっては必ずしも赤く錆びる訳ではありません。

赤く錆びるとの先入観から、建材が劣化してても見逃してしまう可能性があります。
まずは、なぜ錆びは発生するのか原因を見てみましょう!

なぜ錆びは発生するのか!?

金属は、どのように作られているのでしょうか!?
ここに錆が発生するヒントが隠されています。
酸化や風化などは、自然に戻ることとご理解ください。

ご存知の通り、鉄は鉄鉱石から還元操作によってつくられています。

還元操作とは、物質が電子を受け取る化学反応になります。
電子を受け取ることが還元、電子を失うことが酸化になります。
つまり、金属製品が錆びる理由は、金属が酸素と結びつき、酸化物を生成するからなのです。
還元された段階では、鉄は人為的なものとなり、自然の状態とは異なって存在することになります。
しかしながら、自然に戻ろうとするイオン化現象により錆び、つまり腐食が発生するのです。
自然の状態とは、鉄鉱石の分子式にあたります。
酸化は、より奪う力が強い方に-電子が持っていかれます。
普段建材に使われている金属製品は水などに触れないように被膜で覆われています。
鉄がむき出しの状態では、奪う力の強い水に-電子を持っていかれることになります。
放置することで、さらに腐食が進行していくことになるのです。

そのために、塗装で被膜を作っているのです。

錆びの種類

赤サビ

赤さびについて

赤さびのようす

赤さびは水に溶けやすく、強度がなくもろいサビですが、進行が非常に速いサビといわれています。

黒サビ

鉄の表面にできる酸化膜で、黒サビは、赤サビの発生を抑えることができます。そのため黒さびは良性の錆と言われることもあります。意図的に鉄の表面に膜をつくり、その膜で錆から保護します。

黒サビのようす

赤サビと同じように鉄に付着するサビになります。鉄に密着し中の鉄を外の酸素や水気から守る役割を果たします。

白サビ

白サビのようす

白さびのようす

白サビとは、亜鉛酸化物がメッキの表面に形成されて付着しているものです。

亜鉛光沢のあるメッキ層が雨露が乾燥せずに残ってしまう環境で発生します。白サビはメッキの表面にかさばって付着しているサビですが、メッキ部の腐食がわずかでもその表面に大量に付着します。

青サビ

緑青のようす

緑青のようす

青サビは「緑青(ろくしょう)」とも呼ばれ、銅が酸化されることで生成されるサビの種類です。銅の着色に使用されたり、銅製品の表面に膜を作って内部の腐食を防ぐ効果、また抗菌効果もあるといわれています。

錆びが発生していたら下処理をして表面処理を行いましょう

鉄部塗装

サビをしっかりと除去し再度、処理を施しましょう

表面の処理において、塗装は簡単で経済的な方法です。

補修が容易であることから、さまざまな分野で使われているのです。
そのため、鉄部の劣化に対し塗り替えでメンテナンスすることが一般的です。

鉄部に発生したサビは見た目も汚く、放置すればするほど鉄の強度が弱くなくなります。
サビの進行を抑えるための塗装にはサビ止め材が使われています。

注意点としては、さびを除去せずに残してしまうとことです。

さびは広がっていくので、せっかく塗装をしても意味がなくなってしまいます。
鉄部に塗膜の浮きやハガレを見つけたら早急に処理をおこなうことをおススメします。

※現在では塗料性能も向上しさびの上から塗れる塗料もあります。

さびを落とす作業が効率的なのか、さびのうえから塗れる塗料を使った方がコスト削減につながるのか業者さんに相談してみてください。

さび止め材の種類

エポキシ系錆び止め

エポキシ系サビ止め

エポキシ系サビ止め

現在の塗り替えや新築工事の多くで使用されています。種類も豊富で油性の1・2液型、水性の2液型があります。

水性さび止め

水性サビ止め

水性サビ止め

室内等の鉄部下塗りに適しています。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 柿心(ししん)

    シックハウス物質を吸着除去、機能性自然塗料「柿心」

  2. 低臭微粒柿渋塗料「柿フィール」で室内空気の浄化

  3. 竹林の効果

    しろくまペイント×炭のチカラ

  4. 塗料選びについてのこと

    塗料を選ぶには、どうすれば良いの?

  5. 環境や人体に優しい自然塗料

    環境や人体に優しい自然塗料

  6. 紫外線劣化

    お肌に気になる紫外線、住宅も気にしてます。