外壁塗り替えで聞くことが多くなってきた無機塗料って、どんな特徴がある!?

外壁塗り替えで聞くことが多くなってきた無機塗料って、どんな特徴がある!?

■ 塗料について

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。
本日は、無機塗料についてです。

塗料は、顔料、樹脂、溶剤を混ぜて作られており、場合により添加剤を加えて形成されています。

使用する成分や、成分の配合によって塗料のグレードが変わってくるのはご承知の通りだと思います。

また、さらに長持ちするような主成分を使う、塗料を硬くして傷を付きにくくするなど、市場に求められることを念頭に、新たな塗料が開発されています。

現在、シリコン塗料がスタンダードな塗料ですが、次にスタンダードになるといわれているのがラジカル制御塗料です。
価格をシリコン程度に抑え、更に長持ちする塗料です。

他にも、初期の塗装費用は掛かるものの、その塗り替えサイクルから費用対効果の高い塗料も開発されています。
その一つに無機塗料があります。


■ 無機塗料って、どんな塗料!?

そこで本日は、無機塗料とは、なにかを説明していきたいと思います。

無機物、有機物に関して簡単にいいますと、無機物は生命が作り出すものではない、鉱物などのことで有機物は生命が作り出す物質などのことになります。

無機物などは紫外線などが当たり続けても劣化しにくいという性質を持っているので塗料に応用すれば、より強い塗料ができるのではないかとのことから開発されたのが無機塗料になります。

紫外線による劣化は、外壁塗装用塗料の1番大きな課題になります。
ただ、無機物だけでは外壁に貼り付ける事ができないため、無機塗料といっても実際は有機樹脂の中に無機物をちりばめて混ぜてある無機物と、有機物の混合塗料といえます。

有機と無機を重ね合わせたというところから、無機ハイブリッド塗料と呼ぶメーカーもあり、有機と無機の良いところを取った塗料と表現する塗料メーカーが多いのです。
有機物である、合成樹脂(接着)を使う事で壁に無機物をつけていくという感覚になります。

ちなみにセラミックシリコン樹脂塗料などと呼ばれる塗料は、無機塗料に含まれているのです。

無機物は鉱物などの事で、日の光を浴び続けたとしても、そこまで劣化するものではありません。

無機塗料には、水性、弱溶材2型型、水性2液型など、さまざまな種類があります。
入っている無機質の成分によって特徴も異なるのです。

外壁や屋根に、コーディングすると、においが気になるという方もいます。においが気になる人は、水性ではなく、弱溶剤タイプを選ぶようにすると良いです。

また、メーカーによっても様々な無機塗料の種類が登場しています。

無機塗料のメリットとしては、耐候性が高いとうメリットがあります。
無機塗料全般のメリットともいえる紫外線に強い点から、耐候性が維持できるのです。

有機物が混ざっている塗料でも、無機質が主成分なので、長持ちします。

有機塗料よりも丈夫な塗膜に仕上がるのです。
また、無機塗料は、汚れにくいということも特徴になります。
撥水性を持っている無機塗料はカビを寄せ付けません。
外壁を長く守っていくために、とても便利な塗料です。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 無垢材では無くて、椅子や机、扉、家具などの木目調の材料って何が使われているの!?

  2. 寒くなる前に知っておきたい!浴室暖房乾燥機のタイプとは!?

  3. 工事後の保証について解説!

  4. 不健康住宅の特徴-このままだと体に悪いかも!?

  5. 塗り残し?どうやって防ぐ!?

  6. 畳のメンテナンスについて