社会課題に貢献できる企業を目指して

社会課題に貢献できる企業を目指して

社会課題に貢献できる企業を目指して

社会課題に貢献する企業を目指していきます

社会課題に貢献できる企業を目指しています

しろくまペイントはよき企業市民として社会課題にも貢献していける企業でありたいと考えています。
自社の知識や技術を活かして貢献できるように取り組んでいきます。
また今まで私たちが取り組んできたことをご覧になれます。

木部再生への取り組み

木部再生にも取り組んでいます

再生する技術で特許を取得

しろくまペイントでは木部の再生にも力を入れています。昭和の時代フローリングは無垢材が主流でした、無垢材のメリットの一つに調湿性に優れることが上げられます。
しかしその反面、木が縮む・膨らむという性質があり、時の経過と共に反りや隙間が生じていきます。その隙間に対し改善が求められるなか、弊社にて改善技術を考案し特許(レジペント工法)を取得しました、 ライニングとノンスリップの技術を融合した技術でした。現在ではフローリングメーカが寸法安定性に優れたフローリングを開発し隙間の問題が少なくなりました、当時は多くの施設に採用されました。

自社の知識を通して節電を呼びかけ

節電が急務となっていました

自社の知識で節電を呼びかけました

時代環境の変化から起きる課題があります。私たちは事業活動を通して、社会が抱える課題解決に貢献できる企業ありたいと考えています。
そんな想いから何ができるかを考え行動してきました。
また、社会課題に貢献していく企業であるためには自社だけの視野に捉われず、業界単位・地域単位・国単位での広い視野を取り入れていく必要があります。
東日本大震災がきっかけとなり、その年の夏1,000万kW以上の電力不足が懸念され、節電が急務となっていました。
塗り替えをお考えの方に、断熱塗料を採用することで節電ができること、また塗装を通して節約につながることを知ってほしいと考えプレスリリース及びウェブにて広く情報を発信致しました。
翌年にはエアコンの室外機に断熱塗料を塗ることで空調不可の軽減(節電に繋がる)を図れることから、お客様自身で塗れるキットを販売致しました。
節電塗装プレスリリース http://www.dreamnews.jp/press/0000036568/

産業廃棄物を抑える取り組み

CIMG3211

自社でできる技術で産廃を出さない取り組みをしています

現在、産廃廃棄物の年間総排出量は減ってきてはいますが、平成24年には約3億7,914万トン(前年度約3億8,121万トン)ありました。
大量廃棄・大量消費の時代、廃棄物の焼却・埋め立て・資源の有効活用のためのリサイクルは結果として、資源の無駄遣いへと繋がるだけでなく有害物質による健康被害と水質汚染など環境へ悪影響となりました。しろくまペイントでは次代を見据え、資源を抑えた取り組みを行って行く必要があるとの考えから段階的なリニュアールを提案しています

※写真はクロスのリメイクのようす

職人育成への取り組み

人財の育成、技術の幅を広げた多能工の育成

職人を育成しています

現在では、職人不足による労務費高騰が日本の建築生産を根底から揺さぶっています。
今後、職人の高齢化により従事していく人材の更なる減少が想定されます。この課題に対し、弊社では職人の魅力・技術の魅力を広く伝える取り組みをはじめ、人財の育成、技術の幅を広げた多能工の育成に力を入れています。これからも、私たちは時代の価値観や環境の変化をとらえ、期待され信頼され続ける企業を目指し成長していきます。

リフォーム・塗り替え工事施工対応地域

火災保険申請!補助金利用アドバイス!0円リフォームの提案ならしろくまペイント!!

屋根塗装対応地域

東北信地域の塗装お任せください

長野市近郊及び・須坂市・中野市・千曲市・高山村のリフォーム・塗り替え工事お任せください。
尚、各工事の対応地域は長野県東北信地域・中信地域となります。野沢温泉村・飯山市・木島平村・栄村・山ノ内町・高山村・中野市・飯綱町・信濃町・須坂市・小布施町・小川村・小谷村・白馬村・長野市・千曲市・大町市・麻績村・坂城町・生坂村・池田町・松川村・安曇野市・松本市・青木村・上田市・東御市・小諸市・御代田町・軽井沢町・佐久市となっています。
その他の地域は、ご相談ください。
それではよい週末をお過ごしください。

【えっ!リフォームも塗り替えも対象!0円リフォーム資料提供中!!!】

0円リフォーム資料提供中

0円リフォーム資料提供中

関連ページ

塗装の魅力を発信  知識・技術向上への取り組み  安全の追求しろくまペイントお問合せはこちら