住宅の段差を解消する方法

段差の解消

段差の危険について

住宅の段差を解消

段差の危険について

あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで~
みなさんこんにちは

長野の地域密着塗装店しろくまペイントです。
住宅の段差を解消する方法についてご紹介します。

玄関の上がり框などに段差がある場合は、そのまま進もうとするとバランスを崩す危険性があります。

手すりがある場合でも、杖を使用する際でも、階段の上り下りと基本は同じと考えましょう。

まずは段差の前で立ち止まって足を揃えます。上り下りする場合は、杖を段差の先について、手すりは上る先のあたりをにぎるようにします。
片側に麻痺のある人はよいほうからの足であがって、麻痺している側から下るようにします。

もし、上がり框に手すりが設置できない場合は、安定した靴箱などを手掛かりにする方法もあります。

段差をなくすには

%e6%ae%b5%e5%b7%ae

スロープを設置したり、バリアフリーにすることで段差を解消します。

☑ 凸の部分を削ってまたぎ段差を無くしたり単純段差に変えたりする方法
☑ 段差の部分に斜めに床を作って傾斜路にする方法
☑ 低い床に貼り重ねて同じ高さの床にそろえる方法
☑ 踏み台などを設けて一段の高さを小さくする方法
☑ 段差解消機等の機械を用いて段差を垂直に昇降する方法
☑ リフタなどの福祉用具を利用して段差の部分で身体を持ち上げて通過する方法

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  2. リフォームに際しキッチン・バス・トイレを予算内で賢く選ぶ方法とは

  3. 将来を見据えた間取りの考え方

  4. 将来的に必要がなくなるであろう部屋を考慮した間取りのあり方

  5. キッチンのスペースはどれくらいが良い!?

  6. 内装の色彩における効果とは!?