窓の工事で、断熱と省エネを実現

窓の工事で、断熱と省エネを実現

■ 窓リフォームお考えですか!?

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。

本日は、窓の工事で省エネUPについてです。

夏場は扇風機だけでは足りず、クーラーが欠かせない日々が続きますね。
冬場は、冷気が入ってくる場所は特に寒くなりますよね。

 ”窓への断熱リフォームは夏に涼しく冬あたたかいを実現するんです”

ところで皆さんの中にはクーラーや暖房をつけているのになんだか効きがよくないなと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それ、実は窓が原因かもしれません。

今回はちょっとした工夫で見違えるほど快適に過ごせるようになる窓工事についてご紹介します。

☑ 快適に過ごす=窓の断熱化

なんと快適に過ごすには窓の断熱化が効果的なんです。それは断熱化をすると、
・屋外の気温の影響を受けにくい。
・冷暖房が効きやすく光熱費節約につながる。
・結露ができにくい。
これらのメリットが同時に得られるからです。

☑ 窓の断熱化する方法


それでは、どうやって窓の断熱リフォームを進めていけばいいのでしょうか。
ポイントは「今ある窓を利用する」方法と「窓ごと取り換える」方法があることです。

☑ 今ある窓の利用=内窓の設置


今ある窓の内側にもう一枚窓をつける、「内窓の設置」が断熱化をもたらします。
内窓のメリットは住宅エコポイントが高いこと。
・防音対策になること。
・防犯がアップすること。
・外壁工事が不要。
・工事費が短い。
などが挙げられます。

一方デメリットは開閉の手間や掃除の手間が増えるくらいで、真冬でも猛暑でも快適に過ごせることを考えたらメリットの方が大きいですよね。

☑ 窓ごと新しく取り換える


いわゆる断熱窓にすることです。

窓を選ぶというとき一般的には「サッシ+ガラス」のことを指しますが、断熱効果に関しては今、樹脂サッシが注目されています。

・樹脂サッシのメリットは熱伝導率が低いこと。
・塩害に強い。
・劣化しにくい。
・加工しやすく様々なスタイルに合う。

これらに加え、内窓ほどエコポイントはつきませんがその他の内窓のメリットと同じ効果があります。
一方でデメリットは費用が高めであることです

いかがでしたか。
二種類の主な窓の断熱化をご紹介しましたが、自分の生活スタイルや費用を考慮して、ぜひ窓の断熱化を取り入れてみてください。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. オフィスの床が配線でごちゃごちゃ!?OAフロアならすっきり収納できるんです

  2. どうやって選べばよいの火災警報器?

  3. 土地を買う前に知っておきたい地盤の良し悪し

  4. リフォームするなら必見!リフォーム箇所の優先順位の決め方とは?

  5. 窓からの光を採りこむ採光って、どんな方式があるの!?

  6. ”ペットのためのその1”ペットがいても大丈夫!愛犬にやさしい家の間取りとは?