バリアフリーリフォーム(廊下について)

バリアリフォーム廊下

バリアリフォーム廊下について

バリアフリー廊下

バリアリフォームにおける廊下の幅など注意点を記載します

あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで~
みなさんこんにちは
長野の地域密着塗装店しろくまペイントです。
本日はバリアリフォームの廊下についてです。

バリアリフォーム・廊下について

1、各部屋の出入り口に段差はないか
2、手すりをつけても十分な通行幅を確保できるか
3、足元は明るいか

廊下は移動しやすい幅員とともに廊下に面した開口幅員にも配慮しましょう

バリアリフォーム

廊下の幅や手すりの取り付け位置などについても注意が必要です

廊下の有効幅は一般的には75~78㎝のようですが、手すり等の取付幅として8㎝程度は必要になります。

また、移動経路を確保しようと、壁を撤去したり廊下を広げようとすると、大がかりな工事になり家の強度にも影響してきます。
廊下は、寝室や居間などの居室や浴室、トイレなどの生活に不可欠な部屋をつなぐ通路になります。

実際に廊下を自由に移動できるかどうかは屋内の生活動作そのものの利便性に大きな影響を与えることになります。

長年住み続けてきた住宅であっても、加齢による運動機能の低下に伴い、出入り口のわずかな段差でつまずきやすくなったり車いす移動になった場合には、通行幅員の制限から移動が困難になることもあります。

移動方法に考慮して、廊下の幅員とともに廊下に面した開口幅員にも配慮が必要になります。
廊下の幅員だけでなく出入り口の段差を解消し、建具の開口幅員や戸の形状などにも配慮が必要になります。

車いすを使用する場合には回転するスペースなど考慮する必要があります

バリアフリーリフォーム廊下

介助が必要な場合では、必要となる幅が異なります

介助歩行の場合、介助者は、本人の斜め後方に立ってからだを横に半身ずらして、本人の身体を支え、前方を確認しながら歩行をする場合が多いです。

廊下の有効幅員は、1.5人分の幅が必要になります
なお、通常の通行幅員があれば、最低限の介助歩行はかのうになります。

車いすを使用する場合、車いすの全幅は自走用で620~630mm程度、介助用で530~570mm程度になります
在来木造の910mmモジュールの場合、廊下の有効幅員は最大で780mmとなりますので廊下を直進するのであれば、それぞれの車いすの全幅に100~150mmを加えた程度の廊下幅で通行できるため、この廊下幅で問題はありません。

しかし、廊下を直角に曲がったり、居室への出入りの際には、車いすの向きを回転させなければならず、出入り口の有効幅員が十分でない場合には、この廊下幅では通行が困難となります。
廊下を直角に曲がるためには自走用車いすの場合、廊下の有効幅員は、最低でも850~900mm必要になるのでこれだけの通行幅員を確保するためには、壁芯ー芯距離で1,000mm以上必要であり、新築や増築の際の対応が必要です。

既存住宅の場合には、各室出入り口の開口幅員の拡張が現実的な整備方法になります。

幅木の設置について

幅木が痛んだようす

幅木は数枚張り上げて設置

幅木の設置

車いす使用の場合は、出入り口付近での車いすの切り返しで、フットサポートや駆動輪車軸が壁面や開口部の戸枠周辺を傷つけます。
これを防ぐために幅木を取付ますが、通常の幅木の幅は60~80mm程度であるが、壁面や戸枠を守るためには幅木を数枚張り上げて設置し「車いすあたり」とする必要があります。

「車いすあたり」の設置高さは、実際に住宅内で用いる車いすのフットサポートや駆動輪車軸の高さを測って決定するが通常350mm程度になります。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 西日・日差し

    窓リフォームで窓からの困ったを解決・長野市のしろくまペイント

  2. マンションリフォームで気をつけること

  3. 夏前に知っておきたい窓リフォーム

    夏前に知っておきたい窓からの暑さ軽減リフォーム・長野市のしろくまペイント

  4. 快適で安全なエントランスを実現する、バリアフリー機構採用の横引ロール網戸『ロールフリーⅢ』

    快適で安全なエントランスを実現する、バリアフリー機構採用の横引ロール網戸『ロールフリーⅢ』

  5. ウォールナット

    銘木フローリング サクラ・ナラ・ケヤキ・チーク・カリン・クリ・ウォールナット シリーズ

  6. 床暖房対応 銘木フローリング ぽかぽかくんシリーズ ヒノキ・ナラ・サクラ・カリン・チーク・ウォールナット