バリアフリーリフォーム・洗面所と脱衣所について

バリアリフォーム・洗面所と脱衣所について

洗面所と脱衣所について

バリアリフォーム1
1、寒さ対策の暖房器具やカビ対策の換気扇が取り付けてあるか
2、衣類の脱着を補助する器具が取り付けてあるか
3、収納は足りているか
4、室内、特に鏡周辺の照明は暗くないか
5、水栓金具は使いやすいか

スペースの確保について

バリアリフォーム2
限られたスペースで身だしなみを整えたり、衣類の脱着を行うので、明るく機能的で、衣類の運搬収納・選別などがしやすい場所にしたいものです。

洗面所は洗面カウンターの下に足が入る、車いすや座っていても使える洗面台が好ましいです。そうすることで足元のスペースを有効活用することができ動作がスムーズになります。
また、通常の洗面台は立って使うように設計されているため、車いすを使っている人にも配慮して、手すり付きの洗面台にすると更に使いやすくなります。

脱衣をするときに腕を広げても壁に手がぶつからないようスペースを洗面所に確保し、介護する方、される方にも充分な介助スペースを用意します。
また、収納つきの腰掛ベンチや収納できる壁面収納。

また、引き戸のドアを用いることで車いすの移動も楽になるので省スペース化を生み出し、開閉も楽になります。

こういったスペースの確保によって出入りの回数が高い洗面所で安心して動けるようになります。
洗面所は洗顔や脱衣など、立ったままの動作が多い場所になります。腰をかけて衣類の着脱ができるように椅子やベンチチェスト等の設置します。

その際、手すりは衣類着脱時のバランス保持と座った姿勢で楽に利用できるところに設置します。
また他の場所と洗面所との温度差をやわらげ、身体への負担を軽減するための暖房器具の設置も大切になります。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  2. 内装の色彩における効果とは!?

  3. 外からのうるささを軽減する住宅建材とは

  4. オフィスの床が配線でごちゃごちゃ!?OAフロアならすっきり収納できるんです

  5. リフォームするなら必見!リフォーム箇所の優先順位の決め方とは?

  6. 窓の工事で、断熱と省エネを実現