リフォームローンについて

リフォームローンについて
このページは書きかけとなっております。しばらくお待ちください
リフォームローンとは
リフォームローンとは、住宅の改築や改装を行う際に利用する住宅ローンの一つになります。
リフォームンオ費用は改築・改装の度合いによって変わりますが大体が50万~100万円程度が目安になってきます。
特に全面リフォームになると1000万円以上かかるケースもあり、場所によっては新築と同程度の経済的負担がかかってしまうこともあります。
そういった場合リフォームローンを利用すれば、通常のキャッシングローンを利用するよりも安い金利でリフォーム資金を調達する事が出来ます。
リフォームローンを組むメリット
・お金が手元になくても、工事が出来る
・子育て中の方など、手元のお金を使わずに済む
・すぐに工事に着工できる(問題を先送りにしない)
・金融機関によっては無担保で借りる事ができる
・リフォームローンの場合は資産がある方が対象になっているので審査が住宅ローンに比べても早い
・リフォームローンは通常のフリーローンよりも金利が少ない
・リフォームローンは長めに返済期間を設定することができるので、ライフスタイルや手持ちの資金に 応じて無理のない返済をすることができる。

・家計への心配が少ない
1回で支払うのではなく、何年かを通して支払うため、1回の支払額が低く抑えられ、家計への影響が少なくて済む

・金額でリフォームを諦めず、希望のリフォームができるあと少し資金を積むことで出来る事があります。金額や支払い年数にもよりますがローンだと月々数百円・数千円のアップで実現できます。
必要になった時に希望のリフォームを実現できます。

・不慮の出来事があった時にも安心です
リフォームローンには団体信用生命保険というものがあります。
ローン返済中に亡くなってしまったり、高度な障害を負った時に本人にかわって生命保険会社がローン残高を支払うというものになります。
リフォームローンのデメリット
リフォームローンは無担保型と有担保型があります。
有担保のリフォームローンは、無担保と比べて金利が低いのですが、その分抵当権の設定手続きや保証料などの諸費用が必要になります。
無担保型のリフォームローンは抵当権や保証料等の手間は必要ありませんが、有担保と比べると融資限度額が低いうえ返済期間も短く設定されています。
リフォームローンについて
①銀行系リフォームローン
すでに所有している住宅をリフォームする際に申し込むローンであり、返済期間は最長15年程度で、融資額は500万円程度までであることが多い。無担保で利用できることも多く、返済期間が短い分、住宅ローンよりも少し金利は高い

②クレジット会社系リフォームローン
すでに所有している住宅をリフォームする際に申し込むローン。審査手続きが簡単なのがメリット。会社によって異なるが最長でも10年程度、融資額は300万円程度までであることが多いが頭金や保証人が不要の場合もある

 

SO-RI-