バリアフリーリフォーム

安全安心をお届けするしろくまのリフォーム

体の変化に合わせて段階的なリフォームを

もっと住まいを安心に

外構廻り 部屋廻り 玄関廻り

階段廻り 浴室廻り
住宅への悩み
・立ちっぱなしの調理は足腰が痛い…
・浴室に入る時につまづきそうで不安
・トイレでの立ち座りのときに身体がふらついて危ない
・使いやすい部屋の配置にしたい
・段差をなんとかしたい
・必要な場所に手すりをつけたい
・通路の幅を広くしたい
・階段の幅や高さをなんとかしたい
・トイレや浴室・寝室の広さをなんとかしたい
・外出する時に出入り口から敷地外までの屋外移動が大変
・玄関からの出入りに段差があって不便
・外での転倒が心配、ふらつきが不安。つたい歩きできるところあるかな?
・いきたいお店があるんだけど段差があって、車いすが押せない
・介護保険とリフォームの関係がよくわからないんだけど。保険申請についてどうすれば?
バリアリフォームの基本
バリアフリーの基本
バリアフリーは「バリア(妨げになるもの)をなくす」という意味で、バリアフリー住宅とは、お年寄りや体の不自由な方がなるべく不便を感じないように過ごしてもらえるよう作られた住まいです。
例えば住まいの段差を取り除いたり、廊下に手すりを付けたりするなどが基本ですが、その他にも安全に生活できるよう生活動線をコンパクトにする、使いやすい機器を使うという事も考えなければなりません。

まずリフォームをする前に、誰を対象にしたものなのかをしっかりさせておきましょう。
例えばお年寄りのためのリフォームなら、お年寄りの身体能力がどのように衰えているかをしっかりと知っておかなければなりません。
歩く・座る・立つ際の筋力の低下はもちろんの事、視力や体温調整の低下、そして思考力や記憶力なども低下します。
これら様々なバリアをなくすための方法を検討するほか、今後どうなっていくかという事も見据えたリフォームが必要になってくるでしょう。手すりの設置や段差をなくす以外に、夜でも見やすいよう照明の数を増やす、室内の温度差をなくすなどが基本となるでしょう。
またお年寄りが掃除を頻繁に出来ないという事も考えて、床などは汚れにくい素材を取り入れるなど様々な工夫が大切です。

バリアリフォームの考えた
将来バリアフリーリフォームを検討すべき時がくるかもしれませんが、本当に今がその時なのか、どの程度のバリアフリーが必要なのかを見極めることも重要になってきます。
バリアフリーの必要性について考えてみましょう。
身体が不自由な高齢者や車椅子で生活している人にとって、家の中にあるちょっとした段差でも大きな事故へとつながる原因になります。
段差を撤去することで転倒防止になります、手すりの取り付けは階段からの転落を防ぐことになるでしょう。
また、寝室からトイレまでの距離が遠すぎると、夜中に用を足す際それだけ危険が伴うことになることから、動線についても検討が必要になります。
ただし、将来を見据えてバリアフリーリフォームを検討しているのであれば、今はまだ必要のない大がかりなリフォームをすることで、かえって生活が不自由なものになってしまう可能性もあります。
より詳しい内容は1~6をクリックください、気になる場所へのバリアフリーリフォームの解説がご覧いただけます。
バリアリフォーム・住宅改修費の支給
介護保険を使用した住宅改修費の支給は様々な決まりごとがありますので注意が必要です。

・支給対象となる方
要支援1・2または要介護1~5の認定を受け、自宅にて生活をしている方
※施設や病院から退院や退所できなかった場合は給付の対象外となります。

・支給額
住宅改修費の支給限度基準額20万円の9割までが補助される形になりますので最大で18万円が補助されます。
※要介護者1人に18万円でこの金額内なら何回でも工事をすることができます

・給付額や給付方法
①住宅改修が必要と認められた場合に、市町村から被保険者に対して、20万円を支給限度基準として給付されます。
②給付方法は、被保険者が一旦施工者に費用を支払った後に、被保険者に対して費用の9割が給付されます

・対象工事
1)手すりの取付
2)床段差の解消
3)滑り防止及び移動の円滑化のための床材の変更
4)引き戸等への扉の取替
5)洋式便所の取替
6)その他各号の改修に付帯して必要となる工事
1.浴室の段差解消に伴う給排水設備工事
2.床材の変更のための下地の補強や根太補強
3.手すり取付のための壁の下地補強
4.扉の取替に伴う壁又は柱の改修工事
5.便器の取替に伴う給排水設備工事、便器の取替に伴う床材の変更等

 

しろくまペイントお問合せはこちら