不要になったストッキングは気軽に使える掃除アイテム

不要になったストッキングの有効利用

不要になったストッキング不要になったストッキングは気軽に使える掃除アイテムに変身できるということをご存知でしょうか。
外出先などで、ストッキングが伝線したり破れた経験が女性なら誰でもあると思います。

ストッキングは実は掃除力が高いアイテムなので、使えなくなったストッキングをそのまま捨てるのはもったいないです。

では、どのようにストッキングを掃除アイテムに変身させるのでしょうか。

ストッキングをお掃除アイテムに変身させる

割りばしに巻き付けたりして使用します

例えば、不要な割り箸などにストッキングを巻きつけるだけで、簡単な埃取りにすることができます。

ストッキングは静電気をためやすいため埃を吸着しやすいという特徴がありますので、たくさんの埃をからめ取ることができます。
家具と家具の隙間掃除や洗濯機下の掃除、窓の桟の掃除をするのに持ってこいです。

埃がたくさんついたら気兼ねなくそのまま捨てることができるというのも1つのポイントです。

また、ストッキングを手にはめることで細かい掃除をすることも可能です。
あまり動かしたくない小物や置物なども、ストッキングをはめた手で優しくなぞるだけで埃がきれいに取れます。

ブラインドのように隙間がせまいところも、その隙間に手を入れてサーっと手を横に動かすだけで簡単に掃除することができるのです。
他にもストッキングを丸めたり、中に布を入れたりしてスポンジのようにして、床や鏡を磨くのに使うこともできます。

さらに、ストッキングを使いやすいサイズに切って蛇口を磨いたいりすることもできます。
水垢もきれいに取れます。
このように、雑巾やほうきではきれいにできない細かい場所も掃除することができるのが、ストッキング掃除のポイントです。

痛んだストッキング捨てずにお掃除に利用してみてはいかがでしょうか?

時間があるときにストッキングを使いやすいサイズに切ったり、割り箸などに巻きつけておくと、より気軽に掃除に取り組むことができるのでおすすめです。

ストッキングが伝線したり破れた際はすぐに捨てるのではなく、これからは掃除のアイテムとして保管してみるのも良いですね。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 毎日掃除しているのに埃がでる?家具などにたまった埃が原因かもしれません

  2. 冬の終わりや冬前に点検しておきたい住まいの設備”給湯器編”

    冬の終わりや冬前に点検しておきたい住まいの設備”給湯器編”

  3. 冬の終わりや、冬前に点検しておきたい住まいの設備

    冬の終わりや、冬前に点検しておきたい住まいの設備

  4. 洗濯機の排水口が臭い異臭がする?なぜ?原因は?その解決方法とは

  5. フローリングの目地にカビ・黒ずみが!掃除で解決できるの!?

  6. フローリングがべたべたする原因と解決方法