9月1日は『防災の日』これを機に地域の防災について理解してみませんか

いつ起こるかわからない災害に備えて

災害に備えるために、地域の避難所のことなど掲載させていただきました

災害に備えるために、地域の避難所のことなど掲載させていただきました

9月1日は防災の日です。

残念なことに、最近では、見られなかったような災害が増えてます。
ゲリラ豪雨や台風、地震などから、大きな災害へと繋がっています。

去年は台風が連続して発生、接近しました。
こんなに短い期間で連続して接近することは経験がないとのことでした。
一昨年は鬼怒川の決壊もありました。

太陽光パネルの設置による決壊だったと報道されていました。
建築に携わる者として、なぜ太陽光パネルを設置するために堤防となる個所を改修してしまったのか?

申請は?

さまざまな疑問が残ります。

本当に工事が原因なら、防災面より仕事を優先したことが残念でなりません。
話を戻しますが、長野は比較的、災害の少ない地域だと言われています。
しかしながら、いつ起こるかわからないのが災害です。

日ごろから避難場所や緊急時の対策・備えなど、意識しておく必要があります。

一番困るのが外出時の災害だと思います。
土地勘がある地元と違い、どこに何があるのか分からないため非難が遅れてしまうことが地元以上にあり得るとことだと思います。

アプリやネットなどに繋がっていなくても、自分のいる地域の避難経路がわかる。(自動ダウンロードなど)
そんな仕組みを開発してくれるアプリ業者が現れてほしいですね。

一年に一回の『防災の日』。
これを機に自身の住む地域の防災について理解する、そんな日にしてみてはいかがでしょうか?

まずは避難場所を確認してみよう『避難所の種類について』

%e6%8c%87%e5%ae%9a%e7%b7%8a%e6%80%a5

避難所にも種類があります。まずは安全に非難することが大切です。

広域避難場所

各自治体が指定した大人数収容が可能な避難場所。

各自治体が指定した大人数収容が可能な避難場所。

各自治体が指定した大人数収容が可能な避難場所。
地震などによる大規模災害が発生した場合や最初に避難する場所が危険になった場合に避難する。

一時避難場所

災害時の危険を回避するために最初に避難する場所。

災害時の危険を回避するために最初に避難する場所。

災害時の危険を回避するために最初に避難する場所。
この一時避難場所が危険になった際に、さらに規模が大きな広域避難場所へ避難する

収容避難場所

一定期間の避難生活を行う施設のこと

一定期間の避難生活を行う施設のこと

災害によって短期間の避難生活を余儀なくされた場合に、一定期間の避難生活を行う施設のこと。
行政上は「収容」を略して、単に「避難所」という。

避難場所の確認方法

Webサイトを印刷するかメモなどをしすぐ解るように用意しておきましょう。

Webサイトを印刷するかメモなどをしすぐ解るように用意しておきましょう。

各市町村のホームページに掲載してあります。Webサイトを印刷するかメモなどをしすぐ解るように用意しておきましょう。
また、パンフレットや各家庭に配布される防災マップなどにも記載されています。

避難場所を確認したら避難経路も確認しましょう

避難経路を覚えておきましょう

避難経路を覚えておきましょう

自宅から一番近い避難場所に向かう際の経路を確認してみましょう。
経路は2~3パターン想定しておくと起きた災害に合わせて安全な道を選択できます。

家庭用防災マップ作製のおすすめ

%e9%98%b2%e7%81%bd%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97

避難経路を確認したあとはマップに記載しておきましょう。

自宅の安全確認、非常持出品、備蓄品を確認しておく

%e9%98%b2%e7%81%bd%e3%82%b0%e3%83%83%e3%82%ba

非常用品・一定期間の食料なども用意しておくことをおススメします。

防災アプリも活用してみましょう

防災アプリなどもあります。いざという時のためにインストールしておいてはいかがでしょうか?

防災アプリなどもあります。いざという時のためにインストールしておいてはいかがでしょうか?

防災につかえるアプリ

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 屋上防水工事

    長野市屋上防水工事

  2. 既存砂利撤去屋上防水工事

    既存砂利撤去・屋上防水工事

  3. 家の模型

    凄い時代ですね!3Dプリンターによる新技術

  4. 懐かしの昭和の風景(昭和50年代の塗装技術!?)

  5. 夏休み時期は出かける時期が多くなるので防犯対策をしましょう

    夏休み前に防犯を強化したい理由

  6. リオオリンピック

    リオオリンピックまであと少し、気軽にできる寝不足対策!?