タワークレーンを設置する技術

タワークレーンの設置について

タワークレーンがどのように設置されているのでしょうか?

タワークレーン設置

建設中などに見られる大型のタワークレーン、どうやって最上部に設置しているかご存知ですか?

全国的にもそうですが、長野市内でもマンション等の大型施設の建設を多く見かける機会も多いと思います。

そんな大型施設を建設しているのを見た時上を見てもらうと大きいクレーンがあり、建設が終わるとそのクレーンが見事になくなっているのを見て、どうやって撤去をしたのだろうと、そういった建物を見るたびに気になっている方もいるのではないのでしょうか?

実際、どのように高い位置まで持ち上げて解体をしているのか不思議でならないと思いますので、この機会に書いちゃいました。
まず、このクレーンの名称はタワークレーンと呼ばれています。

次にタワークレーンが上がる時になります。

タワークレーン設置の流れ

kure-nn

クレーンは以下の通りに設置されていきます

①タワークレーンを組み立ててある程度の階数まで施工を行っていきます。

②①まで組み立てた最上部のフロアに本体を固定して、本体の油圧シリンダを使用しながら、マスト(支柱)を引き上げていきます。

③そのマスト最下部を①の最上部フロアに固定をして今度はクレーン本体がマストを昇っていきます。

④あとは①~③を繰り返しながらクレーンがビルを昇っていく形になります。逆に解体をするときはどうするのかという点になります。
①今、最上階にあるクレーンを単体で解体し下におろすことは難しいので、そのクレーンをおろす為に、少し小さなクレーンを設置します
②設置が終わったら、元からあったクレーンを解体し先ほどの小さなクレーンで資材をおろしていきます。
③①・②を繰り返しながら最後は人の手で解体をされてエレベーターを使用して地上に下ろされ完全に撤去が終了になります。

もしかしたら説明不足な部分があるかもしれませんので、さらに知りたい方はご自身で検索される事をオススメします。

このような流れで行われているという事を知ることができただけでなく、技術力の高さと発想にただ驚くばかりです。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 免振と耐震

    免振と制震の違いって何!?

  2. 準防火地域の木造3階建てに適応されるルールとは!?

  3. リフォームに際しキッチン・バス・トイレを予算内で賢く選ぶ方法とは

  4. 住宅購入において住宅財形はどうなの!?

  5. キッチンのスペースはどれくらいが良い!?

  6. 家を建てることができる土地・建てることができない土地とは!?